満期時期

保障を重視した学資保険一覧

学資保険には、http://georgieacres.com/type.htmlでもかいてありますが、大きく分けて貯蓄重視型と保障重視型の2タイプの保険があります。
貯蓄重視型は、学資保険の一番の目的である教育費の積み立てを重視したタイプで、保障重視型は、基本プランの積み立てに、子供の医療保障や死亡保障、育英年金などの保障がプラスされた保険のことを言います。
死亡保障は、子供が死亡してから保険金を受け取ることができても意味がないと考える親が多いため、あまり必要ではないように感じますが、小さな子供は免疫力が弱いため病気にかかりやすく、足腰が未発達であるため頻繁に転んだり、不注意で怪我をすることが多いので、子供の医療保障は念のためプラスしておいた方が安心かもしれません。

しかし、保障重視型の保険http://xn--ruqz4zs43b2di.biz/hosyougata.htmlの場合、医療保障や死亡保障、育英年金と言った掛け捨ての保障がプラスされているため、貯蓄重視型の学資保険よりも保険料が高く、返戻率が低いことがデメリットとなっています。
保障重視型の保険の中で人気が高いのは、太陽生命のわくわくポッケです。
教育費が比較的かからない15歳までに払い込みを終了さることができますし、契約者である親が死亡をした場合以外に、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中などの3大疾病にかかった場合にも保険料免除などの保障を受けることができます。

また、育英年金の受け取りについても、契約者が死亡をした場合以外に、3大疾病などの所定の症状が現れた場合にも保障の対象となるのです。
さらに、持病を持つ子供であっても保険に加入することができる場合があるため、他の保険会社で断られた子供が加入をするケースもあるようです。
その他には、かんぽ生命、日本生命、第一生命、などの大手の学資保険が人気で、これらの保険も子供の医療保障や死亡保障、育英年金などの保障をプラスすることができるようになっています。

しかし、学資保険の目的は、教育費の積立ですから、返戻率の低い保障重視型の学資保険を利用して教育資金を積み立てるよりも、返戻率の高い学資保険に加入をして、子供の医療保障は、比較的、保険料の安い共済などを利用して補った方が現実的かもしれません。
共済のキッズ保険は、骨折や脱臼、腱の断裂など、子供が起こす可能の高い怪我の保障がついている上に、万が一、子供が他人の持ち物を壊してしまった場合にも、最大100万円までの保障がついているので、小さな子供を持つ家庭に特にお勧めの保険になります。
学資保険は見直しが必要な場合があるそうなので、どういった場合に見直すべきかこちらを参考にしてください。

Copyright(C) 2013 大切な学生の為に必要な事 All Rights Reserved.