満期時期

気をつけたい学資保険の落し穴

学資保険は、着実に子供の教育資金を積み立てる事ができるため、子供のいる多くの家庭が加入をしている保険です。
月々の保険料は、口座から自動的に引き落とされるため、積み立てる事をうっかり忘れることはありませんし、銀行などの貯金と違って、契約者が万が一死亡をしたときに、以後の保険料が免除され、返戻金を通常通り受け取ることができることも魅力です。
各保険会社では、それぞれの学資保険の内容を魅力的に説明してくれますが、学資保険の内容には気がつかない落し穴もあります。

一番、気をつけなければならない落し穴は返戻率についてです。
学資保険は、積み立てることが目的であり、払い込んだ金額よりも、最終的に受け取ることのできる返戻金額の方が上回ることが魅力となっています。
低金利時代の現代では、それほど高い返戻率は期待できないものの、学資保険を上手く利用すれば、払い込んだ金額よりも20万円以上多くの返戻金を受け取ることができます。

しかし、全ての学資保険の返戻率が、これほど高いわけではなく、子供の医療保障や死亡保障、育英年金と言った保障をプラスすることのできる学資保険の場合は、保険料の中にこれらの保障金額も含まれているため、返戻率が100%を超えることはないのです。
保険の営業マンは、積み立て以外にさまざまな保障をつけることができることを、お得かのように説明をしますが、元本を下回るのでしたら、わざわざ学資保険で積み立てをおこなう意味はありません。
それでしたら、返戻率の高い学資保険に加入をして、子供の医療保障や死亡保障などは、別の保険で補った方が有効な場合が多いのです。

また、勘違いしやすいのが保険のパンフレットに載っている返戻率です。
110%以上の高い返戻率の保険に加入をしたとしても、全ての場合にその返戻率が適応されるわけではありません。
まず、ほとんどの学資保険は払い込む期間が長いほど、最終的に支払う保険料を安く済ませることのできるように設定されています。

つまり、1歳から学資保険に加入をするよりも、0歳から加入をした方が返戻率は高くなります。
また、契約をする親の年齢が若い方が、月々の保険料を安く済ませることができる上に、返戻率も高くなるのです。
つまり、パンフレットに載っている返戻率は、若い親が子供が0歳のときから学資保険に加入をした場合を想定して計算がされているため、惑わされないように注意をする必要があるのです。
子供のための学資保険ですからしっかりと確認しましょう。
また、クレジットカードhttp://xn--lckeeg1b4d9aj20aya7fb6i8859bub9d.com/flow.htmlを使ってのお支払いも可能です。

Copyright(C) 2013 大切な学生の為に必要な事 All Rights Reserved.